プロフィール

natural

Author:natural
ブログのタイトルは『BIG ISSUE』106号の坂本龍一さんのスペシャルインタビューの記事を読んで、気に入ったこのコトバにしました。
なお、メーンのブログサイトへはこちらからどうぞ。
なお、お問い合わせは、こちらまで。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

アレックス・ジョーンズ・ショー 

2009/12/21 Mon 00:02 - category:新世界秩序

自民党政権から民主党に変わってから、あまり公にならなかった核密約や沖縄密約に関するニュースが出てきたのは政権交代の成果でもあります。
米国は日本と違って、密約などの公文書は作成されてから25年で公開となります。

プリズンプラネット」のアレックス・ジョーンズは、インターネット・ラジオを使って、情報を発信しています。先日、「アレックス・ジョーンズ・ショー」(2009年7月12日に放送)を初めて見ました。
公開となった機密文書についての発言が様々なされています。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

テーマ: YouTube動画 - ジャンル: 音楽

行動しよう 後悔する前にできること 

2009/12/08 Tue 22:31 - category:新世界秩序

以下の記事は、メーンサイトで10月30日に書いたものです。
-----------------------------------------------------------------

10月28日の東京新聞の国際面に気になった記事がありました。
2001年、911テロ直後にテロ対策名目に制定された「米愛国者法」ですが、今年末に盗聴捜査に関する項目が失効します。ブッシュ前大統領が令状なしで傍受して問題になりましたね。
オバマ政権は、この法律の存続維持の立場を示しています。

この写真の人物は、人権派弁護士のスコット・ホートン氏。
スコット・ホートン(人権派弁護士)

「新たな監視計画では、数百万もの電子メール、電話、ファックスなど電子情報を根こそぎ集めている。NSAはこうした情報の蓄積のため、フットボール・スタジアムほどの巨大コンピュータ施設をテキサス、ユタ両州に建設中だ。地球上の全人類が扱う電子情報すべてを蓄積しようとする規模に思える。なぜそんな必要があるのか。(英国の作家)ジョージ・オーウェルが(国民の行動をすべて監視・統制する未来国家を)描いた小説を現実化したようだ」

[ 出典:2009年10月28日東京新聞 国際面(pdf)]
-- 続きを読む --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。