プロフィール

natural

Author:natural
ブログのタイトルは『BIG ISSUE』106号の坂本龍一さんのスペシャルインタビューの記事を読んで、気に入ったこのコトバにしました。
なお、メーンのブログサイトへはこちらからどうぞ。
なお、お問い合わせは、こちらまで。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

【原発震災】関西圏も他人事でない、放射能のゴミが西へ 

2011/04/21 Thu 09:38 - category:食・健康

福島第一原発から飛散した放射能は、関東にも影響を及ぼしています。
行政も放射能をモニタリングしていますが、普段の生活では呼吸する位置とはかけ離れた高さでの計測です。

Q6現在ホームページで公開されているデータを計測している場所はどのような場所でしょうか?
A6  環境放射能に関しては当センターの建物の屋上(地上18m)に設置されたモニタリングポストで計測を行なっております。
 降下物の放射性物質も同じく当センターの屋上(地上21m)に設置された大型水盤を設置して収集し、ゲルマニウム半導体検出器を使用して計測しております。
出典:都内の環境放射線測定結果Q&A(質問例)


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

テーマ: 京都 - ジャンル: 地域情報

タグ: 原発震災 

携帯でガンにならない?! 

2010/05/20 Thu 23:59 - category:食・健康

『THE BIG ISSUE』の142号の特集は「遅れた警告--携帯電話の電磁波リスク」でした。
そこで書かれていた内容には、

"海外では、電磁波の影響で白血病にかかる率が増すといった事例が報告されている。WHOは発ガン性の要因を「クラス1」「クラス2A」「クラス2B」と分類しているが、超低周波電磁は「クラス2B」に属す。このクラスには、DDT(有機塩素殺虫剤)など、かなり以前に使用中止になった殺虫剤が含まれているほどだ。"

など、電磁波の危険性を訴える内容が様々と書かれていました。
参考資料:
BIGISSUE_142_p17.pdf


そして、今日知った下記のニュース。
-- 続きを読む --

テーマ: 健康管理 - ジャンル: ヘルス・ダイエット

昼食の際のできごと 

2010/04/24 Sat 23:27 - category:食・健康

私事ですが、最近、昼は外食しています。
先日は、惣菜が豊富な自然食派のお店へ行きました。

空いている席に座ってオーダー済ませると、スーツを着た男性2人が入ってきました。
お店は小ぢんまりとしていて、最大6卓。
後に入ってきた男性の声も多少大きいこともあり、会話の内容は大体分かるほど。
一人は経営者らしき人物で、どうやら地方に条件のよい休耕地を得たようです。

-- 続きを読む --

テーマ: ロハス&エコロジーライフ - ジャンル: ライフ

仕事より家事の方が楽か? 

2010/02/07 Sun 23:58 - category:食・健康

年明けからひと月ほどの間、職場より家での作業が忙しくなり、今までのペースでさえブログの更新が出来ない状態となりました。
原因は、連れ合いの健康上の問題で、私が家事を引き受けなければならなくなった為です。
仕事から帰って、食器洗いに洗濯、介護(?)が続く生活は、デスマと言ってもいいくらいでした。慣れない水仕事で手は荒れるし、疲れた身体は、"仕事に行っている間に休める"状態でしたから。
-- 続きを読む --

テーマ: ひとりごと - ジャンル: 結婚・家庭生活

タグ: イベント 

新型インフルでパンデミックが起きない前提 

2009/05/15 Fri 01:36 - category:食・健康

新型インフルの強毒性ウイルスへの変異についての可能性について、いろいろと指摘が出てきています。すでに新型インフルエンザのウイルスがすでに変異したとのニュースも出ていますが、こうした報道が多く流れることによって、一番喜ぶのは、誰なのでしょうか。

2005年10月、ペンタゴンは、世界中の全てのアメリカ軍人に、鳥インフルエンザ、H5N1と呼ばれるものに対するワクチン接種を命じた。世界中のマスコミは恐ろしい話でもちきりになった。そこで、ドナルド・ラムズフェルド国防長官が、タミフルという商品名で販売されている薬品オセルタミビルを備蓄するために、10億ドル以上の予算を計上したと発表した。ブッシュ大統領は、タミフル備蓄用に更に20億ドルの支出を承認するよう議会に要求した。

   ・・・ 省略 ・・・

オバマ政権が、いわゆる豚インフルエンザをめぐる恐怖を、今回は、空を飛ぶ鳥の代わりに、「空飛ぶ豚」を使って同じシナリオを繰り返すために使うかどうかは、この先を見てみないと分からない。既にメキシコ当局は、いわゆる豚インフルエンザによる死者の数は、マスコミが言いふらした、150人あるいはそれ以上ではなく、7人であり、感染が疑わしい症例は、大半が普通の流感、つまりインフルエンザだったと報告している。

引用: 空飛ぶブタ、タミフル、そして工場方式飼育場(2009年5月 9日)


ワクチンを接種した米軍人や医療関係者が受けたであろう、予防接種による副作用(ギラン・バレー症候群)も気になります。予防接種の副作用か分かりませんが、女優の釈由美子さんは、この病気にかかったことがあるようです。

-- 続きを読む --

テーマ: インフルエンザ - ジャンル: ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。