プロフィール

natural

Author:natural
ブログのタイトルは『BIG ISSUE』106号の坂本龍一さんのスペシャルインタビューの記事を読んで、気に入ったこのコトバにしました。
なお、メーンのブログサイトへはこちらからどうぞ。
なお、お問い合わせは、こちらまで。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

余剰電力買い取り制度について 

2011/02/27 Sun 00:57 - category:未分類

2009年11月から、「太陽光発電の余剰電力買取制度」が始まった。

tepco_20110225.jpg
画像:太陽光発電の余剰電力買取制度について|東京電力

法律名称としては、「エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する基本方針」となる。
日本のエネルギー供給源のほとんどが化石エネルギーであり、環境への影響を考え、また、資源枯渇の影響が少なく、環境負荷の少ないエネルギー源の利用、残された化石エネルギーの有効利用をうたっているものだ。

参考:買取制度ポータルサイト_買取制度の規程集


その中でエネルギー供給業者が、講じる措置として、太陽光、風力等の再生可能エネルギーの有効利用に促進につとめることが必要、とあるのだが、経済産業省のいう「買取制度」では、太陽光を変換して、得られる電気の調達を促進する立場だそうだ(風力、水力発電ではうまみが少ない、ということなのか・・・。風力発電については買取導入予定のようだが、水力はいつだろうか)。

なお、電気事業者による電力買取り制度は、(買取価格を引き下げながら)、適切な投資回収が可能となる期間行われるものになっている。

自己消費を除いた分の買取になっているが、電気事業者の買取の為の費用は、電気を消費する「全員」の電気代に転嫁される点は、制度利用ができない者との不公平さが問題視されているのは周知の通りとなっている。



Purchase-surplus-power-system.jpg

画像:東京新聞:余剰電力買い取り費用 4月から電気料金上乗せ



中東・北アフリカ産油国の政情混乱が国内のエネルギー価格上昇につながり始めた。石油情報センターが23日まとめ
た21日時点のレギュラーガソリンの給油所店頭価格(全国平均)は、1リットル138.1円と8カ月ぶりの高値。新興国の需要増などで上昇基調にある電力
やガス料金も春以降、もう一段引き上げられる公算が大きい。


引用:電力・ガス料金値上げ続く公算 中東混乱の影響拡大:日本経済新聞



余剰電力買取制度の利用について、自宅設置が困難だから、または、利益を出せるほど投資できないと思ってあきらめるのはまだ早い気がします。
財政問題の悪化が表面化し影響が出てくれば、財政上資源購入量が先細りするでしょう。資源小国日本において、エネルギー価格は上昇するでしょう。


効率良く、太陽光発電を行う仕組み作りに取り込み中です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ








スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

→http://tpao.blog115.fc2.com/tb.php/125-3fdee37a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。