プロフィール

natural

Author:natural
ブログのタイトルは『BIG ISSUE』106号の坂本龍一さんのスペシャルインタビューの記事を読んで、気に入ったこのコトバにしました。
なお、メーンのブログサイトへはこちらからどうぞ。
なお、お問い合わせは、こちらまで。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

はじめに 

2009/02/07 Sat 22:36 - category:始めました

私たち人間は、話をしたり、メールを書いたりして誰かに何かを伝えています。
家族や友人、社会の中で様々なコミュニケーションのために、長い時間をかけて、道具を発明し、発展させてきました。その中で最も重要となるのが、(1)言葉、(2)数字、(3)文字、の誕生です。

その「言葉」について。
人間の第一声は、「危ない」「助けて」という生命の危険を知らせるものだったのではないか、と言われています。私たちはインターネットの普及に伴い、過去の人には考えられないほど、多くの人と関わり合える可能性を与えられています。それにより、文字が意味をもった文章としてたくさんの人に伝えられるようになりました。

私にとってblogを書くことは、今回が始めてです。このブログで、そのような"第一声"を上げてゆければ、と思っています。
今までは様々なblogの記事を読むのが主でしたが、"それだけでいいのだろうか"、と最近になって疑問に思うようになりました。


私たちの文明は、主に化石燃料を資源としたエネルギーによってそれを維持し、または発展させています。文明を支えるエネルギーが減っていけば、同じように文明の質は衰退することでしょう。
私は今の、消費を前提とするような文明を維持することが正しいとは思いません。すでに転換が必要な時期を迎えている(むしろ、その限界に極限までに近づいている)と感じています。

インターネットで得た情報をもとに、個人が何らかの障害を避けられるのは、それが比較的小さな、短期間なモノだけのように思うのです。必要なことは、危機感を持った人たちが、ともにその意識を共有し、行動することではないでしょうか。
この文章をタイプしているとき、ふと、学生時代の心理学関連の講義を思い出しました。
「"何かその状況を変えるのはひとりでは難しい。少なくとも3人は必要だ"」

"3"という数字に関連する言葉は『三人寄れば文殊の知恵』など、調べるとたくさん出てきます。

私とあなたと彼(他)「言葉の発生と数の概念の始まり」
 その場にない物(人)を認識する
 私+あなた+彼(あれ)
 世界の広がり

 出典:神秘な数字「三」について



将来の展望となるモノの中に、「低炭素社会」「持続可能な社会」というのがキーワードとしてあると思います。
私は、ひとりより、より多くに気づいて、少しでも何かに行動して欲しいという希望を持って、blogを始めたいと思います。

「低炭素社会」「持続可能な社会」の鍵だと、私が思えたのは、水素文明です。

次の文明を迎えるために、私たちには何ができるか。
共に行動しましょう。

スポンサーサイト

テーマ: 伝えたいこと - ジャンル: ブログ

この記事に対するコメント


きっと、この先の未来も決まっているのだと思う・・・。
だから人は歩き続けるのだと。
見えぬ道があるから足を踏み入れる。

僕はこの時代に生まれたから落胆も希望を持つこともしない。
今を生きることに後悔もしない。

”キッカケ”―動機
僕は母にキッカケを与えられた。
「私はあなたを一生護る事は出来ない。出来る事は一つ。きっかけという気付きをあなたに与えることだけだ。」と。

多くの人・もの・自然に触れる事で知ることが増えていった。
だから、始めることは何にせよ自分を成長させる手段なのだ。

僕はなりたい自分像がない。
今を生きることで死ぬ時に「あぁ、自分はこういう人間なんだ」と初めて知るのだろう。


陰ながら応援しています。
新たな一歩が振り返ったときのあなたの足跡になっていますように。

c.y | #- | URL

2009/04/15 20:56 編集

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

→http://tpao.blog115.fc2.com/tb.php/2-bfeaf78e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。