プロフィール

natural

Author:natural
ブログのタイトルは『BIG ISSUE』106号の坂本龍一さんのスペシャルインタビューの記事を読んで、気に入ったこのコトバにしました。
なお、メーンのブログサイトへはこちらからどうぞ。
なお、お問い合わせは、こちらまで。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

水素文明開化の音がする!? 

2009/04/29 Wed 00:25 - category:エネルギー

ゴールデンウィーク(GW)早々、次々報道されるインフルエンザのニュースが気になるところですね。
『連山』読者はもう、対策を済ませていることでしょう。
先日は、GW初日という訳ではありませんが、久しぶりにコンサートを観に行きました。

ドラムラインライブ DRUMLINE LIVE


『ドラムラインLIVE』は、フットボールチームのハーフタイムなどに行われるマーチングバンドが映画化されたものが舞台化されたものですが、南北戦争後が起源。

南北戦争後、アフリカン・アメリカンの若者達の、未来の尊厳と希望の拠り所となる教育水準の向上の為に、HBCU(Historically Black Colleges and Universities)が設立され、これらの大学で取り組まれた音楽教育に、ブラックミュージックが取り入れられ変化したものだそうです。
以前に『ブラスト!』を観たことがあったので、最初それとの比較で観てしまったのですが、パフォーマンスの迫力は、圧倒的に『ドラムライン』。マーチング以外にもゴスペル、スイング、ポップスなどの音楽が取り入れられていたので、そこでも楽しむことが出来ました。
一番感動したのが、アレサ・フランクリンのモノマネ。黒人の方の声量には圧倒されましたし、歌も非常に上手い!ドラムより、こっちの方が印象に残ってしまいました(全体的には、迫力がありすぎて、少し疲れてしまうほど・・・)。


さて、来月1日から、ENEOSから家庭用燃料電池「エネファーム」の予約販売が開始されます。私は新聞の広告で知ったのですが、私も関わっている水素文明に関連することで驚きました。
エネファーム

上の画像をクリックするとENEOSの「エネファーム」の説明の動画が見られます。
そして、そのページの右側にはこんなバナーがありました。
水素文明
ENEOSの家庭用燃料電池 エネファーム|水素社会ってどんな社会?


水素文明の良さは、低炭素実現の他にも水素と酸素が反応し生成される「水」にもあります。

水を分解し発生した酸素を海が豊にします。プランクトンが増え、魚が集まります。
砂漠で魚を食べて、残った骨は砂漠へ。骨には何が含まれますか?

骨にはリンが含まれ、資源不足の問題は解消されます。砂漠地帯での水素文明が進むと、緑化も進むことになります。文明には宗教も関係しません。
上記の内容は、私が受けた遠隔教育『秋月』のほんの一例です。


散切り頭を叩いて見れば文明開化の音がする」。こんな言葉が頭に浮かびました。
次第に、水素文明の音が聴こえてきたのかもしれませんね。

あなたにも水素文明の音が聴こえてきたら、メルマガ『秋月便り』(申込当月無料)


クリック応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想 - ジャンル: 学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

水素は還元力が強すぎて危険
 水素は還元力が強すぎて危険です。イオン化傾向は白金の次に強いのでした。メンテナンスで漏れた水素を吸ったら還元されてしまいます。配管も還元されないものが必要です。電子交換膜も基本的には白金が必要で高くつきます。まだまだ高価です。
 水素エンジンのジェット機ができたら、かなり環境に優しくなると思いますが、高くつくでしょう。水素自動車はかなり高く、電気自動車の方が余程現実的な価格になると思います。ハイブリッドカーではホンダ・インサイトが200万円を切っていますから、水素自動車の普及はほとんど見込めないと思います。

地下水 | #4Fa3Cym6 | URL

2009/04/29 19:57 編集

はじめまして。
はじめてお邪魔します。エコファームの動画、見ました。省エネではなく創エネ、なんて画期的なアイデアですね!エコロジーが盛んになってきて、こうしたアイデアエコ商品が誕生すると、感心してしまいます。

小さなエコ日記 | #- | URL

2009/05/02 20:22 編集

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

→http://tpao.blog115.fc2.com/tb.php/33-83a6ce58

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。