プロフィール

natural

Author:natural
ブログのタイトルは『BIG ISSUE』106号の坂本龍一さんのスペシャルインタビューの記事を読んで、気に入ったこのコトバにしました。
なお、メーンのブログサイトへはこちらからどうぞ。
なお、お問い合わせは、こちらまで。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

新型インフルでパンデミックが起きない前提 

2009/05/15 Fri 01:36 - category:食・健康

新型インフルの強毒性ウイルスへの変異についての可能性について、いろいろと指摘が出てきています。すでに新型インフルエンザのウイルスがすでに変異したとのニュースも出ていますが、こうした報道が多く流れることによって、一番喜ぶのは、誰なのでしょうか。

2005年10月、ペンタゴンは、世界中の全てのアメリカ軍人に、鳥インフルエンザ、H5N1と呼ばれるものに対するワクチン接種を命じた。世界中のマスコミは恐ろしい話でもちきりになった。そこで、ドナルド・ラムズフェルド国防長官が、タミフルという商品名で販売されている薬品オセルタミビルを備蓄するために、10億ドル以上の予算を計上したと発表した。ブッシュ大統領は、タミフル備蓄用に更に20億ドルの支出を承認するよう議会に要求した。

   ・・・ 省略 ・・・

オバマ政権が、いわゆる豚インフルエンザをめぐる恐怖を、今回は、空を飛ぶ鳥の代わりに、「空飛ぶ豚」を使って同じシナリオを繰り返すために使うかどうかは、この先を見てみないと分からない。既にメキシコ当局は、いわゆる豚インフルエンザによる死者の数は、マスコミが言いふらした、150人あるいはそれ以上ではなく、7人であり、感染が疑わしい症例は、大半が普通の流感、つまりインフルエンザだったと報告している。

引用: 空飛ぶブタ、タミフル、そして工場方式飼育場(2009年5月 9日)


ワクチンを接種した米軍人や医療関係者が受けたであろう、予防接種による副作用(ギラン・バレー症候群)も気になります。予防接種の副作用か分かりませんが、女優の釈由美子さんは、この病気にかかったことがあるようです。

さて、新型インフルエンザのこの後の展開ですが、医師の浜六郎氏は、次のように結論付けています。

結論は、

「鳥インフルエンザウイルスから変異した新型インフルエンザウイルスでパンデミックが起きるとは思えない。万が一流行したとしても、今の日本で、メディアで騒がれているような1918年のスペインかぜの時ほど多数が死亡することはあり得ない」

です。

ただし前提があります。

1. 非ステロイド抗炎症剤を解熱剤として使用しないこと、
2. タミフルを使用しないこと
3. 実験室から、高病原性遺伝子を組み込み豚に接種したヒトインフルエンザウイルスが一般社会に持ち出されないこと。

です。


出典:新型インフルエンザでパンデミックは起きるか? 診断と治療2009年3月号より


浜氏の言うように、この前提通りであれば、今回の豚由来のインフルエンザはそれほど心配する必要はなさそうです。今回のインフルエンザは、今後起こりえるであろう、鳥インフルエンザの時の予行演習として捉えてもいいかもしれません。

水素文明への転換の橘さん(現在、「新世代どっとネット」サイトを運営)は、「食糧備蓄の勧め」と題して、農水省が呼び掛けていた食料備蓄の記事を取り上げておりました。
対策がまだの方は、パンデミック本番が始まる前に、マスクや消毒剤や予防知識だけでなく、食料備蓄もできるだけ(2週間分だけ、とはいわず)済ませておきましょう。



参考:驚くべき情報


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ


<お勧めメルマガ>
水素文明を産み出す士官学校ML(無料)』
秋月便り(申込当月無料)』





スポンサーサイト

テーマ: インフルエンザ - ジャンル: ヘルス・ダイエット

この記事に対するコメント

リンク変更のお願い
ブログ「マスコミに載らない海外記事」を書いているものです。

「空飛ぶブタ、タミフル、そして工場方式飼育場」
の記事へのリンクを大変に有り難うございます。

JUSTBLOGが運営を、3/31から他社に移管するという通知がありましたので
「空飛ぶブタ、タミフル、そして工場方式飼育場」を含め、旧ブログ記事全体を、間もなく削除する予定です。

もちろん、ブログをやめる意図はありませんで、cocologへの全記事移行の作業を完了しております。
運営移管のまま放置しておいても、いつの日か、ドメイン名が変わり、こうしたリンクはすべて無効となってしまいます。いつになるかわからないくせに、かならず起きてしまう変化(リンク切れ)を待つのではこまります。
それで、こうして、リンクしていただいている方に、新アドレスのリンクをお知らせして、大変ご面倒ですが、変更をお願いする他、対応策を思いつきません。

すでに、該当の記事は以下に場所に複写を済ませました。
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-aea0.html

つきましては、大変にお手数ですが、リンクを変更頂ければ、幸いです。

マスコミに載らない海外記事 | #- | URL

2010/03/07 20:40 編集

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

→http://tpao.blog115.fc2.com/tb.php/40-bbf24896

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


インフルエンザ休校と毒力の抑制、原発震災へ注意

神戸でインフルエンザが発生して、地域全部の学校が休校になってしまいました。今回は22日までですが、また同じようなことがあった場合、あちこちで学校閉鎖が起こり、学力低下が懸念されます。 asahi.com(朝日新聞社):神戸市東部の全市立小中高校・幼稚園、休校・休園

流水成道

2009/05/17 01:36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。