プロフィール

natural

Author:natural
ブログのタイトルは『BIG ISSUE』106号の坂本龍一さんのスペシャルインタビューの記事を読んで、気に入ったこのコトバにしました。
なお、メーンのブログサイトへはこちらからどうぞ。
なお、お問い合わせは、こちらまで。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

食べたチョコレートはガーナ産 

2009/02/15 Sun 23:28 - category:食・健康

昨日は、バレンタインデーでした。この時期の売り上げは年間の約16%(約700億円)だそうです。今年は"逆チョコ"なるキャンペーンが行われたようですね。ちなみに、私は親愛なるパーチェさんから、しあわせを運ぶ「てんとう虫チョコ」を頂きました(美味しかったです。ありがとう!)。このチョコは500円。うち250円がガーナの子ども支援プロジェクトに使われます。

銀座経済新聞

出典: 銀座経済新聞  バレンタイン、本命チョコの予算は「2,986円」−プランタン調査

チョコレートに限らず、普段私たちが口にするものは、コンビニやスーパーなどに行けばほどんどが手軽に手に入れられます。しかし、その食べ物がどこからくるのか、誰によって作られているのか、どのような環境なのか、というところまでは深く考えずに済んでしまうのが、どこか悲しいところです。
「刺身が、切り身のまま泳いでいると思っている子どもがいる」と、数年前に聞いたことがあります。親の子どもに対する"食育"があまりにもお粗末だとしか、いいようがありません。身体は食べ物によって作られるので、食に無関心というのは、健康にも無関心なのかもしれません。

日本に輸入されるチョコレートの原料のカカオは、7割がガーナ産。
「子どもの権利条約」や「最低年齢条約」などの国際条約でも禁止されている児童労働が行われている地域もあるのが、実態のようです。
ただ、食べておいしいではなく、その先になにがあるのか、想像できることも大切な気がいたします。

<てんとう虫チョコ>
choco

『ビッグイシュー日本版』の112号で、「チョコレートの秘密」という特集があります。お近くに購入できるところがありましたら、お読みになってはいかがでしょうか。

関連:『ビッグイシュー日本版』112号(p17)
       特集記事「チョコレートと児童労働」-児童労働を考えるNGO ACE

BIGISSUE JAPAN

スポンサーサイト

テーマ: いま想うこと - ジャンル: 日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

→http://tpao.blog115.fc2.com/tb.php/5-060d310e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。