プロフィール

natural

Author:natural
ブログのタイトルは『BIG ISSUE』106号の坂本龍一さんのスペシャルインタビューの記事を読んで、気に入ったこのコトバにしました。
なお、メーンのブログサイトへはこちらからどうぞ。
なお、お問い合わせは、こちらまで。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

先週末の畑の状況(果菜類) 

2009/06/01 Mon 00:31 - category:農業

先週の作業は、さす欠き、雑草刈り、それとトマトやキュウリを成長に合わせ、仮支柱から支柱に付け替えました。
トマト、キュウリ、ズッキーニは実が成り始めています。

緑だけの畑にも、花が咲き色があって雰囲気も少し変わってきます。
ズッキーニの花は初めてみました(以外と大きい)。

ズッキーニの花
(花の後ろ側には、もう実が成っています)

ナスの花

紫のナスの花もきれいです。この苗から100本ほど採れるのだから、頼もしくもあります。

小松菜、ほうれん草の収量は、経験者とも変わらないほどでした。農業初心者でも、収穫を楽しめるのは園主の努力も影にあるとのこと。週末は、お借りしている畑での親睦会がありました。
明日は、園主さんと話したことを少し載せたいと思います。


「イノシシって、思っていたよりもデカいんです。特に、ワナにかかった時は、怒って全身の毛を逆立てるから、100キログラムのイノシシだと、外見はもうウシ。それが、歯をガチガチと鳴らす。何をしているかというと、上アゴの犬歯で、下アゴの牙を研いでいるんです。そんな状態で突進してくるから、もうめちゃくちゃコワイわけです」

 ワナ猟では、2~3年に一度、反撃を受けた猟師が鋭利な牙で腹や太股をえぐられて死亡する。千松さんも、ワイヤーが切れて、2度突進されたことがある。やはりと言うべきか、狩猟はある意味、命がけである。

出典:猟師になった千松信也さん『THE BIG ISSUE JAPAN119号』


同菜園チームのメンバーで、イノシシや猿の被害を受けている方がおります。
クマも人里に下りて、畑を荒らすなどの“獣害”が地方でありあますが、動物も生きるために命がけです。
これからの社会、生きることが命がけになるかもしれませんね。。。
しかしながら、イノシシもそうですが、子のうちはどれもかわいいものです。

イノシシのこども from kacamata714 on Vimeo.



上の動画は、週末の遠隔学習中に学友が記録していたものです。
現在連山のブログ集の中でMT化がすすめられていますね。
文章、写真以外にも様々な分野が配信されるようになると、まさに新しいメディアのようです。

<参考>
天岩戸作戦 -『連山』-


ブログランキング・にほんブログ村へ
クリック応援お願いします・・・いつもありがとうございます。
人気ブログランキングへ


<お勧めメルマガ>
水素文明を産み出す士官学校ML(無料)
秋月便り(申込当月無料)




スポンサーサイト

テーマ: 家庭菜園 - ジャンル: 趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

→http://tpao.blog115.fc2.com/tb.php/50-d11f9e5c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。